気ままにいこう

発信地:東京世田谷

安全保障関連法案

国会審議中の安全保障関連法案について衆議院憲法審査会で各党が推薦した参考人3人全員が「安保関連法案は違憲」と述べた。
一方政府は「他国への武力攻撃が発生した際の武力の行使を認める」が、これまでの憲法解釈との論理的整合性は保たれているとして反論している。
専門家と政府の見解が異なるのは政府としては苦しい。

国会での審議は続くが次の結末が考えられる。
1.今国会で通過
2.継続審議後、臨時国会で通過
3.野党、メディアの反対で廃案
政府は議会で安定与党なので1,2となる可能性が大きい。

安倍政権は憲法九条を改正したかったが、改正しないでこの法案を合憲としている。 
しかし専守防衛の現憲法と論理的に整合させるには、海外派兵を可能とするように憲法を改正するのが筋であろう。