気ままにいこう

発信地:東京世田谷

日本の食糧需給率が40%以下

なぜ需給率低下が悪いかの理由として
「円が安くなって外国からの輸入品が値上げし今のように食料が買えなくなる」
という不安がある。すでに魚は海外で消費されるようになり高価になった。

確かに、これから円安による食料入手困難のリスクはあるが、一方
日本は人口が減り、現在では食料が過剰で、メタボリズムシンドロームと騒がれている。

食糧危機を警鐘するマスコミの報道に、日本はすぐには飢えることにはならないので説得性がない。

ではなぜ危機をマスコミは取り上げるのか。
それは「情報化社会が成熟し、次の産業のひとつは農業」
という方向性なのだ。日本は急速に進展する金融のグローバル化に対してなかなか太刀打ちできそうにないし、車、電気のあとにくる農業は
人口増加の世界では有望なのだ。
安全で高品質な「食料」を生産することは、日本のレストランがミシェランで高評価が得られているのもあいまって、世界のトレンドに乗っている。自国でも食の安全から見直されていて将来の産業としての可能性は大きい。