気ままにいこう

発信地:東京世田谷

スマートな建物たちのこれから―空間知能化最前線−

大岡山蔵前会館で開催された講演会に参加

  • 生命化建築(三田彰)

対象としない過去の有機的な建築の形態の説明に時間を費やす。生命化建築とは、形態ではなく小型ロボットの集積だそうだ。

  • ロボットと共生する生活空間デザイン(渡邊朗子)

独居老人の見守りロボットをタブレット端末で開発する。目的、実用化する意思が明確。

人の嗜好を定量表示する「感性アナライザー」を商品化しておりデモを実施。多方面に応用にされるだろう。

☆情報
ソフトバンクが発売したロボットPEPPERはすぐに売り切れた。
・米国は国家プロジェクトとして脳科学研究(ブレインイニシアチブ)を立ち上げている。

フューチャー・デザイン‐七世代先を見据えた社会の構築を目指して‐

一橋講堂で開かれたフォーラムを聴いた。
持続可能な社会を構築するための政策論。

日本の富の1990年以後減少、人口の2015年以後減少により、国家財政に顕在化した
1.増大する社会保障
2.増大する公共インフラの維持費
を指摘。

それらを解決策として
1.自由市場、民主制度の見直し
2.政府主導の将来設計
を提案している。

案として、
1.子を持つ親の投票を1票以上にする。
2.将来省を作る。
3.高齢者がもっと働き生産性を増す。
などを説明した。

経済政策によって日本の社会を持続可能にする研究。

安全保障関連法案

国会審議中の安全保障関連法案について衆議院憲法審査会で各党が推薦した参考人3人全員が「安保関連法案は違憲」と述べた。
一方政府は「他国への武力攻撃が発生した際の武力の行使を認める」が、これまでの憲法解釈との論理的整合性は保たれているとして反論している。
専門家と政府の見解が異なるのは政府としては苦しい。

国会での審議は続くが次の結末が考えられる。
1.今国会で通過
2.継続審議後、臨時国会で通過
3.野党、メディアの反対で廃案
政府は議会で安定与党なので1,2となる可能性が大きい。

安倍政権は憲法九条を改正したかったが、改正しないでこの法案を合憲としている。 
しかし専守防衛の現憲法と論理的に整合させるには、海外派兵を可能とするように憲法を改正するのが筋であろう。